PR

「LGBTフレンドリー」な賃貸物件探しのコツ

soncho
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「同性パートナーと暮らしたいけど、賃貸物件を探すのは不安…」

そんなあなたに、ぜひ読んでいただきたい記事です。

この記事では、LGBTフレンドリーな賃貸物件の探し方や、押さえておきたいポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

LGBTフレンドリーな賃貸物件ってどんな物件?

LGBTフレンドリーな賃貸物件とは

性的指向や性自認に関わらず、誰もが安心して暮らせる物件のことです。

具体的には、以下のような特徴があります。

LGBTフレンドリーな賃貸物件の特徴3つ
  • 入居審査でパートナーシップの有無や性別を問わない
  • 同性パートナーを伴っての物件の内覧を受け入れてくれる
  • 同性パートナーの同居を認める


同性パートナーと一緒に住みたい場合、入居審査に落ちたり、トラブルに巻き込まれたりするのではないかという不安があるかもしれません。

しかし、LGBTフレンドリーな賃貸物件なら、そうした不安を抱えることなく、自分らしく暮らすことができます。

LGBTカップルは賃貸物件を借りにくいの?

LGBTカップルが賃貸物件を借りにくいと言われる理由は、主に以下の3つです。

LGBTカップ理が賃貸物件を借りづらい理由
  • 偏見や差別
  • 入居審査のハードル
  • 物件の選択肢の少なさ

偏見や差別

最も大きな理由は、不動産会社や大家による偏見や差別です。
同性愛や性的マイノリティに対して理解や寛容さを持たない不動産会社や大家は、LGBTカップルを入居させないことを理由に、入居審査で不利に扱ったり、入居を拒否したりする場合があります。

くるまる
くるまる

不動産が示す「二人入居可」はカップル又は婚姻関係者・親族が該当するというのがまだまだ現実です。

入居審査のハードル

同性カップルは、婚姻関係にある夫婦や異性カップルにはない苦労を強いられることがあります。

例えば、入居審査の際に、パートナーシップ証明書や連帯保証人など、異性カップルよりも多くの書類や条件を求められる場合があります。

物件の選択肢の少なさ

LGBTフレンドリーな賃貸物件は、一般的な賃貸物件と比較するとまだまだ少ないのが現状です。

そのため、LGBTカップルが希望する物件を探すのが難しく、妥協せざるを得ないケースもあります。

これらの理由により、LGBTカップルは賃貸物件を借りにくい状況にあります。近年では、LGBTフレンドリーな不動産会社や物件が増えつつありますが、まだまだ十分とは言えません。

LGBTカップルが安心して暮らせる賃貸物件環境を整えるためには、不動産会社や大家の理解と協力が不可欠です。また、LGBT当事者自身も、積極的に情報収集や相談を行うことで、より良い条件で物件を借りられる可能性が高まります。

LGBTフレンドリー賃貸を選ぶメリット

LGBTフレンドリーな賃貸には、以下のメリットがあります。

安心して暮らせる
自分の性的指向や性自認をオープンにできる
パートナーや家族と一緒に暮らせる

LGBTフレンドリー賃貸を探すデメリット

LGBTフレンドリーな賃貸には、以下のデメリットもあります。

一般的な賃貸物件よりも、数が少ない
家賃や敷金・礼金が高めの場合がある

LGBTフレンドリーな賃貸の探し方

LGBTフレンドリーな賃貸を探すには、以下の方法があります。

LGBTフレンドリーであることを明言している不動産会社
LGBT当事者が働いている不動産会社
LGBTフレンドリーな賃貸物件を積極的に扱っている不動産会社

LGBTフレンドリーな不動産会社

LGBTフレンドリーな不動産会社は、性的指向や性自認を理由に、差別や偏見をしないことを明言しています。そのため、LGBTフレンドリーな不動産会社を探すことで、LGBTフレンドリーな賃貸物件を見つけやすくなります。

LGBT当事者が働いている不動産会社

セクシャリティや同性同士で生きていくことにたくさん悩んできたスタッフが相談に乗ってくれます。
少しでも生きやすく・楽しく・オープンに家探しできるように全力で頑張らせていただきます。

LGBTフレンドリーな賃貸物件を積極的に扱っている不動産会社

「LGBTフレンドリー」な賃貸物件を扱っている不動産なら圧倒的量の情報をもっているので

SUUMO for LGBTで「LGBTフレンドリー賃貸」を探す

SUUMOはセクシュアリティにかかわらず、
「自分が、あるいは自分と大切な人とが自由に住まいを探せるように。」
と様々な取り組みを始めています。

関東版だけでも93,996件も取り扱っています。
大手であるSUUMOが圧倒的な量の情報を持っているので、お気に入りの物件が見つかるでしょう。

大量物件から探すなら

株式会社IRIS(スタッフが当事者だから安心)認知度NO.1

IRISは、LGBTフレンドリー(ゲイ、レズビアン、トランスジェンダー等)な住宅・不動産購入や賃貸・売買をサポートする不動産会社です。

GMOリサーチによるとIRISはLGBTsフレンドリーな不動産会社として約91万人が知っていると回答し、認知度NO.1となっています。

首都圏の情報量は圧倒的で290万件を超える物件が取り扱われています。

認知度NO.1当事者が運営する不動産会社

株式会社KATATI不動産(レズビアンカップルのユーチューバーが設立)

KATATIは「エルビアンTV」を運営するU(ゆー)とREYAN(れーやん)が中心となって立ち上げられた会社で、全員LGBTQの当事者の全国でも数少ないLGBTQフレンドリー賃貸・売買不動産です。

​また利用者の40%は同性カップルであることも特徴です。

管理物件は300室以上、協賛企業のLGBTQフレンドリー物件4000室以上を抱え、専任物件だけでなく不動産紹介総合サイト掲載の現在空室の物件もほぼ提案可能のようです。​

LGBTQ当事者ならではの目線でお部屋探しをサポートいただけるのが心強いですね!

頑張る猫さん
頑張る猫さん

都内LGBTQ+専任の不動産賃貸仲介サービス

株式会社イエプラ(チャットでプロに相談できる)

イエプラは、LGBT専門の不動産屋ではありません。
ですがやり取りが全てチャットで済むので、何となく話しづらいという方も気軽に
「LGBT賃貸を探してほしい!」とお願いができるところがポイントです。

利用者数117万人超。チャット相談OK

LGBTフレンドリーな賃貸を選ぶ際の注意点

LGBTフレンドリーな賃貸を探す際には、以下の点に注意しましょう。

  • 不動産会社や物件のホームページなどで、LGBTフレンドリーであることを明言しているか確認する。
  • 実際に物件を見学する際には、性的指向や性自認を理由に、差別や偏見を受けないか確認する。

  • LGBTフレンドリーであることを明言している不動産会社を選ぶ

不動産会社がLGBTフレンドリーであることを明言していることは、性的指向や性自認を理由に、差別や偏見を受けない可能性が高いことを示しています。

  • 実際に物件を見学する際には、性的指向や性自認を理由に、差別や偏見を受けないか確認する

実際に物件を見学する際には、不動産会社や管理人など、関係者と会話する機会があります。その際に、性的指向や性自認を理由に、差別や偏見を受けないか確認しておきましょう。

  • 自分らしく暮らせる物件を選ぶ

LGBTフレンドリーな賃貸物件を選ぶ際には、自分らしく暮らせる物件を選ぶことも大切です。例えば、同性のパートナーと一緒に暮らしたい場合は、同居可能な物件を選びましょう。

スポンサーリンク
ABOUT ME
くるまる
くるまる
心の余裕を大切にするブロガー
30代共働き会社員。 奨学金400万円は返済済 現在は住宅ローン返済中 時短家電を使って家事と仕事の両立を図る ただのずぼらだけど、長距離を走るコツコツ派の一面もある。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました